コラムCOLUMN

記事一覧

ドクターコラム VOL.31

ドクターコラム

「一粒で二度おいしい」

これはグリコのキャラメルのキャッチコピーです。
このコピーをお薬に使うのは不謹慎といわれそうですが、それが当てはまるお薬が増えてきました。
配合剤といわれ何種類かのお薬を一錠にしたものです。

現在、日本で発売されている代表的なものは降圧剤です。血圧を下げる仕組みが違う薬の二種類を
一錠にしたものです。このことで薬の効きをよくするとともにコンプライアンスの向上を図ることを目的
としています。

コンプライアンスは医療の分野ではどれだけお薬が用法通りに飲めて
いるか
をいいます。
飲み忘れが多いとコンプライアンスが悪いということになります。
昔、長くこの用例に親しんでいた私は企業では法令遵守ということを意味
すると知り新鮮な感じがしたの覚えています。

配合剤はもともと予防医学の観点から提唱されたものです。
2003年にWaldとLawさんがPolypillという理論上の薬を考えました。Polypill はpoly(ポリ=多くの)と
pill(ピル=錠剤)から作られた造語です。
心筋梗塞などの心臓病や脳卒中のリスクを高めるものを危険因子といいます。
高血圧、糖尿病、‘悪玉コレステロ-ル’が高いこと、などです。そしてこれらを管理する有効なお薬が古く
から使われています。それは心臓病などが起こらないようにするためです。
そこで彼らは血圧を下げる薬三種類、アスピリンとビタミン剤である葉酸を一錠にしたものを
polypillと名付け
ました。それにより心臓病や脳卒中がどれほど予防できるかを解析しました。
55歳以上の心血管系危険因子をかかえる患者全員に服用させると、理論的には虚血性心疾患と
脳卒中をそれぞれ88%と80%予防し、虚血性心疾患と脳卒中も発症しない期間を11年延長させた
ということです。
夢のようなお薬ですが、薬さえ飲んでいれば病気にかかりにくくなるので食事療法などの養生がおろそか
になるかもしれませんね。 

7月に入り橋弁慶町の町内でも祇園祭の準備が始まりました。
当院にもビニール袋に詰める粽(ちまき)が届きました。一軒のノルマが100本ありスタッフで手分けして
袋詰めにしました。宵宵山から宵山まで町家などで配ります。
10日には町家で弁慶の力縄(ちからなわ)を縫います。弁慶像の手足にまかれるもので心身壮健の願い
が込められているそうです。

14日の宵宵山から17日の巡行まで医院はお休みをいただきます。

みなさんの中には「食事の調整って難しそう・・・」と思われている方が多いのではないでしょうか?
そうですね・・・  どのような食事をしているのか、またどのような食事に調整したいのかで、簡単に調整
できるものもあれば、難しくなってしまうものもあります。
けれど、少なくともその方にあった基本となる食事があれば、調整は比較的スムーズになるとはいえ
ます。今回は炭水化物にポイントをおいた、基本となる食事をご紹介したいと思います。

では基本となる食事とはどのようなものでしょう。。。。
1600kcalの食事を例に調整していきたいと思います。
この1600kcalの食事は、一般的に中・高年の方が健康を維持できる基本となる食事です。
もちろん栄養バランスも整えられています。
今まで糖尿病の食事療法をされてきた方にはなじみの食事です。

けれど炭水化物の量は少々調整したい内容です。
食後血糖値からいえば、炭水化物エネルギー比50~55%に調整した方が望ましいと考えるからです。
ではフードモデルを例にあげて実際に調整していきたいと思います。写真を見ながら調整した食品、料理を確認していって下さいね。

つづく

[朝食] そのままでOK (ご飯150g、納豆40g、味噌汁、野菜類)
朝食

[昼食] (ご飯150g、豚肉60g、かぼちゃ90g、りんご75g、野菜類)

昼食  昼食
調整前                → 調整後 マヨネーズ10gたす、ご飯150→100gに
                               りんご75gなし、それ以外はそのまま
[夕食] (ご飯150g、刺身100g、生揚げ30g、やまいも70g、野菜類)
夕食  夕食
調整前                → 調整後 油7gたす(なすを揚げるイメージ)、
                               やまいも70gなし、それ以外はそのまま
[間食] そのままでOK (牛乳180ml)
牛乳

この調整した食事は、1日総エネルギー1594kcal、炭水化物量222gです。
これが基本となる食事です。
もちろんこの食事は、主食をパンにかえてもよいですし、たんぱく質の種類や野菜の種類もかえることもできます。
このように基本となる食事があると、その後の調整がスムーズになるのと同時に、炭水化物に注目した食事に陥りがちな、栄養バランスの崩れを最小限に抑えられます。

つづく

ここで大切なことは、ご飯、果物、牛乳以外は「これくらいの量なんだなぁ・・・」とおおよその目安が 理解できたらOKです。 (詳しい食品ごとの炭水化物量の調整は、来院時に詳しくお話しさせていただいた方が理解できるでしょう。)
どうですか?糖尿病の食事療法をされてきた方は、なんなく理解できたのではないでしょうか?
そして今までの食事との違いが少し確認できたのではないでしょうか?

まず基本となる食事の内容を大まかにでも理解することが、炭水化物にポイントをおいた食事を成功させる鍵となります。
さあ、理解できたら次のステップ!炭水化物の量に注目して、自分好みの食事にアレンジしていきましょう。

炭水化物量=糖質量?
前回お話したように炭水化物は糖質と食物繊維からなっています。
食品の中には、炭水化物といっても糖質量と食物繊維量が同量のような食品もあります。
その時は、やはり炭水化物量だけでなく、食後血糖値を上昇させる糖質量を考えないわけにはいきません。 その時の目安もお伝えしておきます。
                           [主食以外]    [主食]
                           ご飯        重量の40%
        1食に含まれる糖質量 = 20g +  もち・パン     重量の50%
                           ゆで麺・芋類     重量の20%
                      (大阪大学医学部附属病院内分泌代謝内科  黒田 暁生)
1食分のおおよその糖質量をおさえるのに活用しましょう!

11 / 11« 先頭...7891011

アクセス

アクセスマップ

〒604-8151 京都市中京区蛸薬師通烏丸西入橋弁慶町235

googleマップを見る

吉政医院

ご予約・お問い合わせ

休診日
月曜午後・土曜午後
・日曜・祝日