コラムCOLUMN

記事一覧

平成29年7月京都市立病院のフットケア外来に研修に行きました。

 

 

京都市立病院看護部のご好意で、平成29年7月に4名の看護師がフットケア外来で1日研修をさせていただきました。

 

 

 

糖尿病看護におけるフットケアの目的は、「足病変の発生を予防する」(糖尿病看護,フットケア技術,第3版,日本看護協会出版社会.)ことにあります。

そこで、フットケアの実際を知ることを目的に研修させていただきました。

フットケア外来の担当者は、糖尿病認定看護師であり、JTFA(日本トータルフットマネージメント協会)認定フットケアスペシャリストです。

その方に講師をしていただきました。

 

 

フットケアを提供する手順としては、

まず、患者さんと共に足の健康を保つために、患者さんのフットケアの考え方や要望を聞き、説明と確認していくことから始まります。

そして、足病変を評価するために足の観察ポイントとその方法を説明して頂きました。

これにより、患者さんに添ったフットケアの方向性が決定されフットケアが実践されます。

足の処置では、患者さんの足浴を行い爪切り・うおの目やたこ、巻き爪などそれぞれの処置を見学させていただきました。

リラックスできる環境の中で整った設備で、患者さんとコミュニケーションを図りながらフットケアを実践している様子を見学することができました。

フットケア用品の使い方と後片付けまでの一連の説明も受けてフットケアに対する理解も深まりました。

 

 

また、研修看護師同士でフットケアケア用品を使った体験と実施を行いました。

そして、講師である看護師からもケアを受けました。

足をきれいにしてもらえる気持ちよさと医療者からケアを受ける安心感を実感しました。

 

 

当院は、フットケアの体制が整っていません。

今回の研修を機会に、少しでもフットケアに対するレベルアップをしていきたいと思いました。

最後になりましたが、フットケア研修を受け入れて下さった看護部、きめ細かい指導を提供してくださった講師に感謝致します。                     img133

     看護師 大見

 

 

 

 

 

 

 

 平成29年7月1日(土)京都リサーチパークにて、第33回京都糖尿病教育研究会が開催されました。当院より院長、看護師2名、管理栄養士1名が参加しました。

 

 一般演題では、健康運動指導分野・栄養士・薬剤師からの演題と、外国人患者に対するインスリン手技指導などクローバル社会に根差した発表がありました。

多職種の方々の発表を聴講したことで、自己研鑽だけでなく、質の高いケアを提供するために各専門職が、協働することの重要性を再確認しました。

 

特別講演では、

・特別講演Ⅰ「CDELの現状、役割、展望について」

京都府立医科大学大学院医学研究科 内分泌・代謝内科学 講師  山崎 真裕 先生

・特別講演Ⅱ「私見に偏らない教科書的な糖尿病薬物療法総論」

武田病院健診センター 所長  桝田 出 先生

とお二人の先生が講演されました。

 

 山崎真裕先生の講演では、まず京都糖尿病療養指導士(CDE京都)が生まれた経緯をお話し頂きました。

糖尿病療養指導士(CDE)の役割は、糖尿病患者さんが将来の合併症をできるだけ抑制できるよう糖尿病患者さんのサポートをすることです。

しかし、現在京都に住む糖尿病患者(5万人)さんのサポートをするには、糖尿病療養指導士(CDE)の数が不足しているため、平成25年に京都糖尿病療養指導士(CDE京都)認定制度がスタートしました。

現在では、多くの京都糖尿病療養指導士(CDE京都)が誕生し、各分野で活躍されているとのことです。

地域糖尿病療養指導士(CDEL)の役割は、主に患者さんの98%の自己管理のサポートですが、2%の関わり方で患者さんの自己管理力を高めることができるとのことです。

特に、患者さんの話に耳をかたむけて熱心に聴く「傾聴」と、患者さんの話にそうだと思う「共感」は自己管理力を高めるとのことでした。

 「聴く力」は、私たち糖尿病療養指導士が、高度な技術や多くの知識がなくとも、日々の生活の中で意識することで高められることです。「聴く力」が患者さんの気持ちを和らげる一歩であることを心にとめ、患者さんと向き合いたいと思いました。

 

 桝田出先生の講演では、糖尿病薬物療法総論を詳しくお話し頂きました。

現在、糖尿病治療薬は大きく分けるとインスリン分泌を促進する薬、インスリン抵抗性を改善する薬、糖の吸収や排出を調節する薬、そしてインスリン製剤と4種類ほどあります。

また週1回の服用でよい薬もでています。

薬の種類が増えるとともに、以前のように医師がほぼ同じ作用の薬を使うという時代ではなくなってきたとのことでした。

例えば、専門医や非専門医とで使う薬に違いがありますし、人種の違いもあるので当然ですが、日本の医師と海外の医師とでも使う薬に違いがあるとのことです。また医師によって血糖管理の目標にも違いがあるとのことです。

患者さんの病態に合わせて、糖尿病治療を導入し継続していくには、医師とその他スタッフは、「糖尿病治療に必要な視点の再確認」が大切だとのことでした。

     糖尿病療養指導士である私たちは、糖尿病治療薬の特徴や病態にあわせた使い方など再確認するのはもちろん、日々進歩する糖尿病治療の最新情報を得ていくことも忘れてはならないと思いました。

 

 

                                   看護師 大見

                                   管理栄養士 田中

 

平成28年7月2日(土)、ハートピア京都にて32回京都糖尿病教育研究会が開催されました。

当院院長の吉政先生が座長をされ、看護師2名と栄養士が参加しました。

 

一般演題では、健康運動指導科からの「Ⅰ型糖尿病患者の運動療法の特徴と注意点」、薬剤師からは、「インスリン自己注射手技の教育」と「Ⅰ型糖尿病患者に対する薬剤師としての関わり」、「認知症を伴う高齢者糖尿病へのインスリン導入における薬剤師の関わり」の3演題が発表されました。最後に栄養士からは、「食事療法で困ったインスリン療法のⅡ型糖尿病患者」の発表がありました。日々の業務の中で疑問に思うことを研究結果として発表され、同職種である栄養士は勿論のこと看護師も大変勉強になり刺激を受けました。

 二部では、特別講演として京都医療センター・糖尿病センターの村田敬先生から「センサー付きインスリンポンプ(SAP)療法の実際」と聖路加国際大学大学院看護学研究教授の中山和弘先生から「ヘルスリテラシーと糖尿病」についてのお話がありました。

インスリンポンプ療法は、ライフスタイルにあわせて患者さんが望んで始める治療とも言えます。

ヘルスリテラシーとは、健康や医療に関する情報を探し、理解し、評価し、活用する力という意味です。情報を使うことでより健康に結びつくような、よりよい意思決定を行うことです。

この2つの講演は、健康寿命を延ばすために自分が自分を管理していくところに共通点があります。私達は、今後も学び考えながら、治療効果が期待できるような患者さんとの関わりを持ちたいと思っています。

                                  (看護師 大見)

平成28年2月13日(土)第19回京都CDEの会 講習会

「注射薬の特性とデバイスを知る!」がメルパルク京都にて開催されました。

当院から看護師2名が参加しました。

 

 高齢者のインスリン自己注射継続に関しては、看護師の説明不足や患者さんの理解不足から、思わぬトラブル発生・・・ということが多々あります。

今回は効果的な導入方法やその後のサポートのあり方を説明頂き、今後の指導に役立てようと思います。

またワールドカフェ方式の症例検討は、他職種の方の意見を聞くことができました。

初対面であっても会話がスムーズで、参加者の何げない気づきから患者さんを深く理解できる流れになっていました。

情報共有の重要性を再確認できました。

 今後は患者さんとの信頼関係の構築は言うまでもありませんが、スタッフ間の情報共有を怠らず、患者さんへのよりきめ細やかなサポートを心がけたいと思います。

また新しい情報を得るにとどまらず、京都CDE会員の方々に当院から情報を発信できるよう努力したいと思います。

                                                                     ( 看護師 大見 )

平成26年10月25日(土)第51回日本糖尿病学会近畿地方会および、第50回日本糖尿病協会近畿地方会が、大阪国際会議場(グランキューブ大阪)にて開催されました。
当院からは看護師1名、管理栄養士1名が参加しました。

日本糖尿病協会近畿地方会では、患者さんの糖尿病と共に歩んでこられた心の声を聞かせて頂き、病気の受け入れの大変さ、生活の見直しの重要性を痛感しました。
その他、桂文福さんの噺「文福ほのぼの噺~笑いは健康のもと~」や、和歌山えーわっしょ(A1c)劇団「その話ほんと?先生に聞いてみよっ!」の演劇がありました。
演劇の劇団員は、各医院の院長先生、専門医の先生他スタッフで、参加者が楽しく糖尿病を学べる構成になっていました。
熱演はもとより、シナリオをお書きになった先生の温かさが伝わり、拍手にも力が入りました。
笑いを取り入れながら「糖尿病とお付き合いする」大切さを実感すると共に、スタッフとして「笑顔を忘れないサポート」を心がけようと思いました。

(管理栄養士 田中)

CDE CDE

H25年8月に認定講習会、H26年1月に認定試験と半年にわたり取り組んできた京都府糖尿病療養指導認定試験に、当院のスタッフ看護師3名、管理栄養士1名が認定されました!
受験に際しては、各々の職種以外の知識が要求される学習内容でした。
学習していく中で、糖尿病に関する知識が広がるのはもちろんですが、チーム医療を担うスタッフとして、各々の職種を生かして得た情報を共有し合う大切さを学んだように思います。
今後もスキルアップを怠ることなく、よりきめ細かい療養指導に努めたいと思います。

(管理栄養士 田中)

CDE

糖尿病の治療には、患者さんの自己管理はもちろん重要ですが、さまざまな医療スタッフのサポートも必須です。現在日本糖尿病療法指導士認定機構によって認定された療養指導士(CDE)が、糖尿病患者さんの医療サポーターとして活躍しております。しかし実際は、京都府のCDEは、京都府に在住の糖尿病患者さんに対して足りない状況です。

そこで日本糖尿病協会の支援を受けて、平成25年6月京都府糖尿病療養指導士(CDE京都)認定制度がスタートしました。資格取得・更新の手続きの負担が軽減し、より多くのCDE京都が活躍できるかたちになっています。

早速当院でも、4名のスタッフが資格取得に向けて第1回講習会に参加しました。講習会参加後、認定試験があります。更に患者さんへのサポートが充実するよう、資格取得を通して専門性を深めたいと思っています。(管理栄養士 田中) 

CDE

日本糖尿病療養指導士制度について

糖尿病療養指導コラム

日本糖尿病療養指導士をご存知ですか?

その制度や役割について紹介します。

 

≪日本糖尿病療養指導士とは≫

糖尿病患者さんの療養指導に従事する医療スタッフに、日本糖尿病療養指導士認定機構が与える資格です。一定の経験を有し試験に合格した看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士に与えられます。日本糖尿病療養指導士に認定されるということは、糖尿病の臨床における生活指導のエキスパートであることを意味します。

(日本糖尿病療養指導士認定機構パンフレット, 日本糖尿病療養指導士受験ガイドブック 2007)

 

≪なぜ療養指導が必要なのでしょう≫

それは、糖尿病が「自己管理する病気」だからです。

糖尿病の治療目標は、良好な血糖コントロールを維持し、合併症の発症、進展を防ぐことです。そのためには、基本となる食事・運動・薬物療法を、患者さん自身が主体的に自己管理しなければなりません。しかし、日常生活でそれを継続していくのは難しいことです。そこで、療養指導士は患者さんの自己管理を援助します。それぞれの職種の専門的立場から、チームで、患者さんの療養生活をサポートします。

 

≪当院では独自に作成したテキストを使って患者さんをサポートします≫

当院では、初めて糖尿病と指摘された方には、独自に作成したテキストを使用し自己管理に必要な基本的な内容を説明しています。 日常生活での疑問や不安も気軽に相談して頂ける体制を整えております。

 

日本糖尿病療養指導士制度について

アクセス

アクセスマップ

〒604-8151 京都市中京区蛸薬師通烏丸西入橋弁慶町235

googleマップを見る

吉政医院

ご予約・お問い合わせ

休診日
月曜午後・土曜午後
・日曜・祝日