コラムCOLUMN

ドクターコラム VOL.37

ドクターコラム

岩倉だより

一ヶ月の 入院生活をtwitterでツイートしてみました。
患者になり切れないうちに退院したような気持ちです。

<11月4日>
今日、人工股関節置換術の目的で入院しました。卒業後33年目で初めての長期休暇?です。
今はすこし体を持てあましています。

<11月5日>
入院第一夜があけました。当然のことながら晩酌なしで早い夕食。
予想どおり眠れない一夜を過ごしました。真っ暗な天井を見つめているうちに妙な錯角に陥りました。
勤務医時代の当直室で仮眠しているように感じました。いつコールがかかるかなかば意識しながら。
なかなか患者になれない。

杖を突き出したのが今年の一月からである。最初はリズムよく歩けていた。
祇園祭が終わった頃からだんだん左手、左足にかかる負荷が増えていき右大腿が痩せてきた。歩いていても廃用症候群はあるのだ。
最初のリハビリが終わった。こげないと思っていた自転車がこげた。うれしかった。

< 11月6日>
ITリテラシーの低い私ですが徒然なるままにすこしいじってみました。
同じAppでもPC(Windows)とiPadとiPhoneではっきり階層化しているんですね。iPadがあればすべて事足れりと思っていたのですが。iPhone4があればIPadはいらない?

< 11月9日>
お見舞いで貰った夏川草介「神様のカルテ」読みました。われわれの時代は研究vs臨床でしたが、今は高度医療vs’プライマリーケア,なんですね。
明日股関節置換術を受けます。いつ復帰出来るか?

< 11月12日>
術後2日目で車椅子に乗れた。順調のようである。
車椅子生活の初歩。ベッドから車椅子への移動。右降、左上がり。私の場合右足が悪い(患側といいます)ので右足を先におろし、いい方(健側)を軸にして90度回転して座ります。ベッドに上がる場合は逆。
いろいろあります。

<11月13日>
病院食の感想。
質ー味ももちろんー昔に比べはるかに良くなっています。ただ主菜、副菜、お汁にこだわっているのか献立が神経質な感じがします。治療食にも言えることでもっと柔軟なメニューでよいのでは。
今は治療の一環ではなく、入院の楽しみのツールと考えた方がいいように思います。


<11月14日>
短期使うだけの自分ですが、車椅子は完成度の高いツールと思いました。
右折左折はもちろんのことその場での一回転も出来るのですね。ただ片手だけでの停止など片手での操作に向いてないようですが。何か工夫ありますか。

最近始めたiPhoneでとった素人写真をFlickerにアップロードしました。医院の近くで写したものですがどこか分かりますか?Takaakiyhでコンタクトできます。写真の感想ください。
 

アクセス

アクセスマップ

〒604-8151 京都市中京区蛸薬師通烏丸西入橋弁慶町235

googleマップを見る

吉政医院

ご予約・お問い合わせ

休診日
月曜午後・土曜午後
・日曜・祝日